しもた屋ANNEX

カメラと平凡な日常と

帰ったら珍客がいた。

タイトルの通りなのですが、帰宅すると妻が、玄関の天井に何かいる!怖い!と騒いでいる。どれどれ、と見たら、いたのはこれ。(生き物苦手な人は一応ご注意を)

 

 

ん?何だか動物らしきものが。

 

小さなコウモリでした。今までコウモリと言えば夕方に飛び回っているもので、飛んでる時は暗いし素早いのでほとんど姿は見えないから、間近で見るのは初めての経験。

 

どうやら眠っているようで、近づいても逃げようともしない。こちらに気付いてもいないようだ。

さてどうやって逃せば良いのか?うちには虫取り網などもないし、困ったなと思ったのですが、ぶら下がっていたのが階段の脇の天井付近だったので、階段から手を伸ばせば届きそうだ。

さすがに素手で触るのは抵抗があったので、軍手をはめた手でそっと掴んでみた。意外にふわふわした感触で、やはり哺乳類なんだなぁと妙に納得。

触ったとたんにバババッ!と飛び回るのではないかとかなりドキドキしたが、触っても、軽く掴んでみても目を覚ます様子がない。熟睡しているようだ。なんて可愛らしい・・・

天井から外そうと引っ張ってみたら、爪でしっかりとしがみついていて少し力を入れる必要があったが、あまり強く持ちすぎると傷つけたり弱らせてしまうかもしれないので、注意しながらゆっくりと引き離し、玄関から出て、地べたに置くのも可哀想と思って庭のツツジの上にそっと置いておいた。

 

これで良かったのか?

 

滅多にない機会なので写真を何枚か撮りました。暗くてよく分からなかったけど、コウモリに間違いない。

結構可愛い顔をしていました。

ちゃんとお耳があるね。

 

妻はまだ怖い怖いと騒いでいたが、よく見ると結構可愛いものだ。

木に置いた時はまだ眠っているようで、案外のんびりした動物なんだな、と思いましたが、少し経ってから見に行くと、もういなくなっていた。

素手ではないけど触ってしまったので、手をよく洗って、調べてみるとやはり病原菌の媒介になっている恐れもあるらしい。まあネズミみたいなものですからね。

もっと心配なのは、まだ他にもいたらどうしよう、ということ。ネットでは天井裏にたくさん住み着いていた話も載っているし、一匹見つけたら100匹いると思え、みたいな脅しが書いてあったりするので恐ろしい。

コウモリが怖いというよりも、駆除する業者にやってもらうと法外な料金を請求されたりしそうなのが怖い・・

それにしてもどこから入ったのだろう、まあ古い家なので小さなコウモリが入るぐらいの隙間はありそうだからなぁ。

最近は居間で猫ちゃんたちと寝ているので2階の様子がわからないから、もしかしたら天井裏で夜な夜な飛び回っているのかも😱

まあ、あまり考えたくないですね。