しもた屋ANNEX

カメラと平凡な日常と

ひとつひとつ済んでいきます。

今日はずっと心の負担になっていたイベントの日でした。内容については省きますが、どうにか終えることができ、私の役割も果たせたのでホッとひと息。いかに意味がないと思える行事でも、無事に終わればそれはそれである種の達成感はありました。昨日書いたHSP(Highly Sensitive Person)の人はついつい深く考えすぎてしまう特徴があるそうですが、少しでも楽に生きるためには物事の意味をあまり考えすぎないことも大事。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240604210833j:image

f:id:SHIMOTAYA:20240604210851j:image

春ちゃんのこんな姿を見たら疲れも吹き飛びました☺️

 

今日は早く休みます。また!

 

 

HSPという言葉を知り、激しく納得。

このブログではあまり自分の性格とかには触れず、元気そうに見えるように振る舞って(書いて)いるのですが、実生活での私はとても内向的で人嫌いな、難しいやつなんです。今までにも書いたように一昨年から昨年にかけて仕事を一年間休んでいたのも、自分が何十年やっても仕事に慣れないためであり、周りに合わせるのが苦しかったからなのね。病院では適応障害と診断されました。幸い休職し通院したことで元気になり、なんとか仕事に戻ることができましたが、やはり生きづらさはずっとあります。

 

そんな折、たまたまAmazonで見かけた本があって、内容を見てみるとまるで私のことであるかのように思い当たる点がたくさんあったのです。その本がこれ。

f:id:SHIMOTAYA:20240603205506j:image

何やら女性向けのハウツー本のような装丁なのですが、原題はThe Highly Sensitive Person(非常にセンシティブな人)というもので、著者はエレイン・N・アーロン博士。頭文字を取ったHSPという言葉は今では広く知られるようになっています。まだ読み始めたばかりですが、HSPというワードで調べると多くのサイトがヒットします。調べれば調べるほど、私に当てはまることばかり。人類の20パーセントが該当するというHSP、どうやら私はそれに当たるようなのです。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240603210454j:image

私に関して自分で思うのは

・同時にいくつものことができない。させられると頭痛、倦怠感などの拒否反応が出る。

・人の顔色を気にしていて、怒られることが極端に嫌い。声が大きい人も苦手。

・嗅覚がとても敏感で、においの良い悪いに関わらず、においがする環境が耐えられない。デパートの一階などもってのほか(化粧品と靴のにおいがきついので)。また公共の場で化粧品や食べ物のにおいをさせている人が許せない。自分がつける整髪料なども無香料でないとダメ。床屋でも何もつけないで、と頼む。(職場でカップ麺を食べるなんて言語道断)

・忘れ物を異常なほどに恐れている。もし何かを忘れてくると一日中自分を責めてしまう。

・大きな音に驚きやすい。また驚いたあといつまでも動悸が収まらない。

・嫌いなテレビCMがあり、見たり聞いたりしてしまうといつまでも気分が悪い。周りの人が何とも思っていないものが大嫌いで、共感が得られず悩む。(例:ENEOSのキャラクター、「エネゴリ」に虫唾が走るなど)

・自分が好きなことでも、人に話してもどうせちゃんとはわかってもらえないだろうと最初から諦めているので、人と深い話ができない。したがって親しい友達ができない。(このブログが唯一それを吐き出す場所でもある)

 

などなど枚挙にいとまがないのですが、まだちゃんと読んでいないのでこの本の内容についてはわかりません。ただ、仮に私がそうだとしてもHSPというのは病気ではなくその人が生まれ持った性質らしいので、治るということはないそうです。むしろそのことを熟知することで自分の弱点とうまく付き合っていくことができるようになるかもしれない。

 

誰でも、自分のこういうところは何故だろう?と一人で悩むこともあると思うのですが、自分と同じような悩みを持つ人が一定の割合でいて、それにHSPのような名前がつくと安心感というか、対処法が見つけやすくなる気がしますよね。病院で診断がつくのと同じように。そういう意味で、今回たまたまですがHSPという言葉を知ることができて良かったと思います。情報がたくさんあるようなので、この本を含めてこれから調べていきたいと思います。

 

 

週末うどん部屋13 ヤマモリ鰹だし仕立てカレーうどん

今回はカレーうどんを作ります。使用したのは妻がこのコーナーで使えないかと買っておいてくれた「ヤマモリ鰹だし仕立てカレーうどんの素」。ヤマモリは元々醤油や味噌を作っていた会社で、現在では麺つゆやレトルト食品なども作る食品メーカー。近年タイにも進出して、本場のタイカレーをレトルトで製造していることでも注目されています。そしてその工場の一つが我が家からほど近い桑名市にあるので、とても馴染みのある会社でもあります。

f:id:SHIMOTAYA:20240602202649j:image

 

 

元々醤油・味噌のメーカーですが最近ではレトルトカレーに力を入れているようです。特にタイカレーは現地工場で作る本場の味。

 

さて、今日もうどんを手打ちしていきますよ。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240602202802j:image

今回で3回目となる岡坂商店・本州北翠。前回は配分をしくじってコシのないうどんになってしまったので、今回こそはと慎重に打っていきます。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240602203257j:image

f:id:SHIMOTAYA:20240602203338j:image

f:id:SHIMOTAYA:20240602203355j:image

前回柔らかすぎた原因をはっきりさせるため、塩分濃度はそのままに、食塩水の量を少なめにしてみることに。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240602204701j:image

少しずつ水を加えて混ぜて、を何度か繰り返し、前回の9割ぐらいの水分量とした。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240602205813j:image

いい感じにまとまったので30分ほど置きます。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240602210228j:image

こねる場面は写真がありませんが、足踏みが終わってこうなりました。硬さもいい感じ!これをあと1時間寝かせる。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240602210330j:image

f:id:SHIMOTAYA:20240602210346j:image

f:id:SHIMOTAYA:20240602210407j:image

前回より硬い生地を、あまり薄く伸ばさず、むしろ幅を細めに切りました。うまく打てるとサクッと切り心地がいいんですよ。それに麺同士が全然くっつかないのね。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240602211104j:image

いつものように茹でるところから妻にお願いします。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240602211147j:image

レトルト温めるだけなのを写されるのがちょっとイヤだったみたいです。ベテラン主婦としての矜持でしょうか。私がやってることだからいいんだよ?

 

f:id:SHIMOTAYA:20240602211549j:image

かなり細く切ったつもりが、茹でるとやはり太くなります。麺が硬めなので茹で時間は15分ちょっとと長めにしました。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240602212127j:image

ザルにあけて水洗い。

f:id:SHIMOTAYA:20240602212239j:image

再び湯煎して器に移します。完成は間近!

f:id:SHIMOTAYA:20240602212338j:image

熱々のカレーだしをかけて、

f:id:SHIMOTAYA:20240602212419j:image

完成〜ワーワーワー🥳

f:id:SHIMOTAYA:20240602212529j:image

トッピングはネギだけ。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240602212609j:image

いざ試食!もう説明不要なカレーの香り。普通のレトルトカレーとは違って、鰹ダシが効いているうどん専用カレーなので当然うどんにマッチします。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240602212654j:image

f:id:SHIMOTAYA:20240602213048j:image

スパイシーさを足すためガラムマサラを追加!カレー感が増しました。

 

今回は製麺に気をつけたおかげで良いうどんが打てました。カレー味ではありますが粉の良さも感じられ、手打ちならではのコシ、喉ごしが味わえて、これは大成功と言っていいでしょう❗️やった〜😁

 

今回はうまくいきました。そろそろ一度、蕎麦打ちにも挑戦してみたいな〜なんて思う今日この頃です。

最後までご覧いただきありがとうございました。次回もお楽しみに❗️

 

よろしければこれまでの歩みも一部ですがどうぞ。

 

shimotaya.com

 

shimotaya.com

 

shimotaya.com

 

shimotaya.com

 

shimotaya.com

 

shimotaya.com

 

shimotaya.com

 

shimotaya.com

 

shimotaya.com

 

shimotaya.com

 

休日だというのにつまらない仕事をさせられ怒り心頭、津市に八つ当たりしてしまう。

今日は土曜日ですが、以前触れたことがある本業ではない仕事があって、同じ三重県の津市まで行ってきました。

 

津は三重県の県庁所在地。発音は「つ」ではなく「つ(う にアクセント)」なのはちょっとした豆知識。ちなみに和牛で有名な松阪も、読み方は「っつぁか」(ま にアクセント)。田舎くさいというか、田舎なんだから仕方ない。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240601183119j:image

今回仕事上の用事で訪れた「三重県総合文化センター」。民間企業・公的機関などを問わず、色々な施設を利用できる。無料で使える設備も多い。

 

本業ではないくだらない仕事のためにはるばる、そう、同じ三重県ではあるが我が家から津までは片道50キロ以上、高速道路を使っても1時間はかかるし、一般道だと2時間近くかかる。まさにはるばる津まで行かされたのである。交通費もほぼ自腹、代休もなし。まったくもってやってられないのである。

このくだらない仕事について触れた記事はこちら↓

shimotaya.com

 

今日の仕事はというと、1年後に行われるある行事のための会場を一人で予約しに行った。それだけ。そんなのオンラインでよくない?と思うところだが、よくないのである。何故か?それは、その会場というのが県の公共施設だから。つまりお役所仕事だからなのだ。しかも私のこの役割は一年交代の持ち回りであるから、私が予約した来年には私はこの件に関わってはいないのである。何とも虚しい話。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240601183452j:image

こんな立派な施設なのにほとんど人がいない。もったいない…

 

はるか遠い津に朝9時に集まらされ、受付票を提出。受付締切時間まで待機。時間が来て締め切られると、希望日・施設の重複がないか確認され、重複した場合はその後集まらされて抽選となる。重複しなかった場合は申込書を提出して終了となる。今回申し込んだ施設は幸い重複がなかったので無事に役目を果たすことができた。できたのだが、たったこれだけのために集まらされ、ガソリンや高速代を使わされ、往復の時間で半日潰れてしまったのには納得がいかない。オンラインで申し込み、先着順でよくないか?実際今日集まっていた3〜40人程度の申込者の中で、抽選になったのは4団体程度だった。虚しい…

 

f:id:SHIMOTAYA:20240601183627j:image

何やら芸術っぽい感じにしたいらしい。それにしても人がいない…

 

このご大層なセンターにはこれだけの施設があるようです。これとは別に博物館みたいなのが隣接してあるみたい。立派な図書館だってあるのに人がいない…閉館日というわけでもないのに何故?(たぶん不便だから)

f:id:SHIMOTAYA:20240601184005j:image

図には一部しか出ていないが、周辺は広大な駐車場群になっている。停まっている車は数えるほどだった。

 

無駄な公共施設の見本のような建造物である。こんなに場所が不便では、我々遠くに住む県民は利用することもないし、大したイベントもないから来る気にもならない。税金だけ取られて恩恵は何もなし。前にも書いたが、三重県は住みやすい良いところだけど、行政が阿呆すぎる気がしてならない。どこの県もこんなもの?

 

前に三重県のことを少し書いた記事はこちら↓

shimotaya.com

 

まあ無事に役目を果たせて、少しは人の役に立ったのだからまあいいかとは思う。しかし例えば、せっかくはるばる津までやってきたのだから帰りに少し寄り道していくか、と思ったとしても周囲には何もない。と言ったら怒る人もいるかもしれないが、都会的な場所は皆無、駅前にはショッピングができる場所も無、駅ビルは高さだけは三重県2位だというが、魅力的なテナントは無。若者が集まるような場所も無。何から何まで無・無・無なのである。駅からは離れているが「津観音」と呼ばれるお寺があり、これは東京浅草・名古屋の大須とともに「日本三大観音」に数えられる(!)ほどの名刹なのだが、その門前町である「大門」の商店街はかつては歓楽街として栄えたらしいものの、現在では寂れていることで有名、廃墟系のサイトで紹介される始末…

 

津と言えば日本唯一の1文字地名だったり、天むす発祥の地(諸説あります)だったり、なぜかうなぎ店が多かったりとそれなりに良いところもあると思うんですけどね。まあ、地方都市の商店街が寂れているのはどこも似たようなものだし、桑名駅前なんかはもっと酷いので、時代の流れで仕方ないのかもしれません。しかし仮にも県庁所在地…あーもうやめときましょう。

かくして、半日の出張を終えて昼頃にぐったり疲れて帰ってきたのでした。

 

 

本日封切り「マッドマックス:フュリオサ」を観てきました

映画のネタバレはありませんのでご安心ください😄

 

先日書いた通り、今日は映画「マッドマックス:フュリオサ」の公開日。たまたま代休である今日は朝から観に行こうと思っていました。

f:id:SHIMOTAYA:20240531222951j:image

我が家からすぐに行ける映画館はイオンシネマが2箇所あって、一方は上映が2時ごろから、もう一方は1時ごろからといずれも午後からだとわかり当てが外れたんだけど、それならと午前中は猫ちゃんたちと一緒に朝寝しました。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240531223429j:image

昼前に猫ちゃんたちにご飯をやり、私も簡単なものを食べて、うちから少し遠い方のイオンシネマへと向かいました。平日とあって道路も空いていて、予定よりも早く到着。こちらのイオンには最近あまり来ないので、入り口を探して少し迷ってしまいましたが。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240531224054j:image

上映まで少し時間があったのでロビーの電気仕掛けのポスター(なんていうのかなこれ)を撮影したり。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240531224356j:image

入場開始。ロビーに人はまばらで、入場したのは私が一番目でした。チケットは慣れない自動発券機でモタモタと購入したのですが、初日とはいえ平日だけあって席は選び放題。高校生の時に田舎のナイトショーで「マッドマックス2」を観た時のように前列ど真ん中、というのも考えたけど、今はそこまでの気合いはなく、それでも他のお客さんより少し前を取りました(F列)。そうそう、55歳以上の私は「ハッピー55」という割引で¥1100で買えたのですが、券売機では特に年齢の認証などはありませんでした。入場口でチェックしてるのかも知れないけど、身分証を出すような場面はなし。顔や姿を見てじじい認定ってことか?😅

 

本日公開の新作映画ですから内容については書きません。なかなか長い映画でしたが最後まで堪能しました。

 

映画のネタバレではありませんがひとつだけ、エンドロールの最後の方に何人かの名前と生没年がクレジットされていて、その中に前作でイモータン・ジョーを演じたヒュー・キース・バーンの名があった。記念すべき「マッドマックス」1作目で悪役バイカー軍団のボスであるトーカッターを怪演した方でもあります。今作には出ていないらしい、みたいなことを先日書きましたが、2020年没とのこと…寡聞にして存じ上げず失礼いたしました。何しろ「初代」の悪のボスだったわけで、ものすごい存在感でした。謹んでご冥福をお祈りします。

 

久しぶりの映画でしたがマッドマックスの世界観を堪能できました。ストーリーの中で、飲み込みの悪い私にちょっとわからない点があったので、帰りにパンフレットを買おうかと思ったのですがお値段¥1100…もう一回観れるやん、と思って買わなかったのですが…

やっぱり買えばよかったかも😫

まあ、多分また何度も観ることになるからいいかな。

今回はこの辺で!

 

 

 

一足早く週末です

先日の休日出勤の代休として、明日金曜日は休みです。たまたま土曜日にちょっとした出張仕事が入ってしまったので三連休とは行きませんが、平日に休めるのはありがたいこと。せっかくの平日休み、奇しくも観たかった映画の公開日なので、明日は一人で映画に行く予定です。楽しみだなー😊

 

1日少ないとはいえ今週も疲れました。来週もいくつか大事な仕事があるので、今夜はゆっくり酒を飲んで過ごしたいと思います。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240530204826j:image

ビールを飲みたいところですが痛風のおそれがあるのでレモンサワーの素を買ってきました。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240530204944j:image

おつまみはこの黒胡椒そら豆。三重県の企業が作っています。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240530205112j:image

いつも寄るAcoopはこういう地元産のものが豊富。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240530205326j:image

ピリッと胡椒が効いて酒が進む!

 

f:id:SHIMOTAYA:20240530205436j:image

市販のレモンサワーの素ではこれが一番のお気に入り。

 

一足早く週末気分で、久々にくつろいだ気分でした。

 

 

 

今季2回目の冷やし中華

台風はまだ日本近海上にあるようですが、昨日とは打って変わって晴天となりました。適度に風もあり、久々に爽やかな気候の一日でした。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240529184556j:image

定時に帰って、まだ昼間のように明るい。夕食は冷やし中華、今シーズン2回目です。私の側からだと逆光なのでiPhoneのカメラですが謎のフレアが。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240529184800j:image

妻があまりたくさん食べられないというので私の方が大盛りに。さらに残りご飯のおにぎりでお腹いっぱいになりました。

 

f:id:SHIMOTAYA:20240529184930j:image

今回はごまだれ。これもまた美味し😋 和からしをたっぷりつけて頂きました。

 

仕事の忙しさも一段落したので、しばらくは明るいうちに帰れる日が多くなりそうです。

 

本日はこのあたりで…